会社の後輩からの年賀状が嬉しかった

私が会社に入った2年後。新入社員でHくんという子が入社しました。
市外からきた子で高校卒で初の一人暮らしでした。人見知りでしたが、仕事は真面目で一生懸命に働いていました。

私は彼はお酒は弱かったのでよくご飯を食べに行きました。
車やバイクが好きで限定解除も仕事終わりに自動車学校で取り中古でしたがバイクを買って休日は良く乗っているのを見ました。
「いつか休みを取って年数かけて日本一周をしたい!」とよく私に笑顔で答えてました。

彼が入社して2年後。私は別の部署に異動になりました。
ですが、H君とは相変わらず話していました。
彼も仕事を懸命に頑張っていて彼女もできたと報告をもらっていたので大丈夫だと安心していました。

しかし、彼は仕事でありえないやってはいけない大きなミスをしてしまいました。
お届けした商品に不手際があり破損や数量の違い等があり。
お客様は烈火のごとく怒り、大損をさせてしまいました。
上司が対応し、お許しを貰いました。

ですが、このミスからH君は次第に仕事上での凡ミスが増え、元気がなくなってきました。
やがて夏の終わりには無断欠勤してついに会社に来なくなりました。
私も先輩や上司に頼まれて彼のアパートを見に行ったり探しに行きましたが見つかりませんでした。

9月の終わりに、ふと私の携帯に連絡が入り留守電で「すいませんでした。お世話になりました。辞めます!」と伝言がありました。
会社に行くと辞表を出して辞めたとわかりました。
他の同僚から聞いたらこのミスした時に結婚を考えていた彼女とも別れていたそうです。
様々な事があったみたいです。

辞めて実家に戻ってから、1年経った春。H君から電話がありました。
「あれから他の仕事にも付きましたが辞めたりクビになったりしました。」と色々話を聞きました。
「生まれ変わりたいんで俺は日本一周バイクで行ってきます。行ってきたらまた就職してリスタートして人生やり直します!」と私に伝えました。
私は頑張れとしか言えませんでした。

その年の秋に携帯にメールが入りました。
「怪我をしました。事故に巻き込まれ。骨折で済みました。ですが、バイクは廃車。無念です。兵庫まで来たのに…。」悔しそうな文面でした。
それ以降H君から連絡はありませんでした。

それから3年。昨年の正月です。
私は仕事から帰ってきたら年賀状が届いていました。
数百通あるなかで1通目に留まりました。
差出人がH君からでした。
今まで年賀状は彼から全くもらったことはありませんでした
。裏を見てみると。「今年もよろしくお願いいたします。夏に沖縄に行けてついに日本一周達成しました。色々ありましたが就職も決まり今は頑張って仕事です!」と筆ペンで力強く書かれていました。

それと写真が取り込んであり、真っ黒でしたがバイクの近くでピースサインした笑顔のH君が写ってました。
初めて彼からもらった年賀状を見てなんだか胸がジーンとして熱くなりました。
色々な年賀状を受け取りましたが、インパクトがあって感激した年賀状は初めてでした。

年賀状を見てこれからH君には色々な事があるだろうが負けずに頑張ってもらいたいと思いました。
昨年は不幸があって出せなかったけど、今年はH君に初めて年賀状を出そうと思います。
メールじゃ物足りないものを。言葉を書き込んで送る年賀状も今の世の中には意外と大事なのかもしれないと思っています。